ゴルフ スライス 矯正

ゴルフでスライスを出さないための矯正のポイントとは

ゴルフでスライスを出さないための矯正のポイントとは

 

ゴルフのスライス矯正

 

スライスとはゴルフクラブでボールを打った際、利き手側の方向に大きなカーブを描くようにして飛ぶことをいいます。プレーではミスとして扱われやすいスライス、それを矯正するポイントはあるのでしょうか。

 

 

 

スライスをなくす為には、フェースを開かせないようにしなければなりません。ボールを中央部の突起に上手く当てれば真っ直ぐ飛ばせるものの、その周辺に当たってしまえば正規の方向から大幅にずれて飛びます。

 

 

 

フェースを開かせることなくボールを飛ばすには、クラブの持ち方と立ち姿勢の改善から始めましょう。まず左腕と右腕の位置を間違えずに、グリップを握れているでしょうか。

 

 

 

正しい持ち方はフェースを上とした場合、上から右腕、そして左腕の順番です。腕の位置が上下逆になるとフェースが開き、スライスが起きる原因となります。

 

 

 

また、グリップの握り方も目視で確認して下さい。先述の左腕と右腕の順番は勿論、下側にくる左手を握った際にできる付け根の拳の数を数えましょう。

 

 

 

それが2個半から3個程度確認できれば、正しく握れています。加えて構える際もクラブの長さに応じた打ちやすい位置にボールを置き、両腕のラインが地面と平行になるよう合わせましょう。これらを意識することで、スライスによるミスをある程度防ぐことができます。

 

ミスを防ぐ為の応急的な矯正方法

 

ポイントを押さえたら、普段練習場などで行う練習で、正しい持ち方に矯正していきましょう。ただいくら練習を積み重ねて矯正できた方でもコースを回る時間が長くなるほど疲労感が増し、打つ姿勢が乱れがちになりますよね。

 

 

 

実はプレーの最中でも簡単にできる、ミスを防ぐ為の応急的な矯正方法があります。まず、ショットの連続で乱れがちとなるグリップの握る位置を変えてみましょう。

 

 

 

右手を少しずつフェース側へ動かし、左手と右手の持つ位置の間隔を広げると、ターンオーバーが行いやすくなりスライスの発生を防げます。

 

ゴルフでスライスを出さないための矯正のポイントとは

 

そしてヘッドを左向きに構えましょう。左に構えることでフェースをきちんと閉じることができます。また疲れてくるとどうしてもグリップを握る力が弱くなってきます。適度な休憩をとり、体中の緊張を解す運動を定期的に行いながら万全の体制で臨みましょう。

 

 

 

普段の練習とプレー中の両場面で矯正できる点を確認してみましたが、練習の際もプレー中に矯正する為の応急措置は是非試して下さい。

 

 

 

またミスが続いても決して焦らず、一度体中の緊張を解してからプレーを再開しましょう。体調を考えながら臨むことも矯正への第一歩です。