つま先下がり ゴルフ 初心者 100切り

つま先下がりの傾斜の打ち方

つま先下がりの傾斜の打ち方

 

つま先下がりの傾斜の打ち方

 

ティーショットでドライバーを引っ掛けてしまい、左の斜面に当たって下まで転がってこなかった時などのように、構えた時に足元よりもボールの位置が低い位置にあるところをつま先下がりの傾斜と言います。

 

結構苦手と思っているアマチュアゴルファーが多いようですが、打ち方を知ればそれ程難しくないのでしっかり覚えて自分のものにして下さい。

 

つま先下がりの傾斜の打ち方(アプローチ編)

 

転がす打ち方

 

普通に構えるとライ角がどうしても合いませんよね。クラブのトゥ側(先の方)が斜面から浮いてしまいます。

 

つま先下がりの傾斜の打ち方

 

ですので、まずボールの近くに立ってライ角を合わせます。傾斜がキツい場合は出来るだけ近くに立つだけで大丈夫です。スイングができないほど近くに立つ必要はありません。

 

そしてパターのように振るだけで、転がってピンに寄っていきます。

 

上手くいかないのは、ライ角が合っていない(トゥ側が浮いた)状態で打つから、ボールがフェースに当たる面積が小さくて上手く芯で捉えられないというだけなんですね。

 

打つ前の準備が出来れば難しくありませんので、是非実践で活用して下さい。

 

止める打ち方

 

ピンの位置が近い場合などは止めなければいけません。その場合は先程の転がす打ち方にフェースを開くという事を一つ加えれば止まってくれます。

 

まず斜面にライ角を合わせて近くに立ちます。フェースを開いてオープンスタンスで構えたら、スタンスに沿ってパターのように振るだけです。

 

これで少しカットに入るので、スピンが効いて止まってくれるという訳です。

 

つま先下がりの傾斜の打ち方(フルショット編)

 

つま先下がりの傾斜はどうしてもダフリやトップ、スライスになることが多いですが、これも打ち方を知れば簡単です。

 

平らな所よりもボールの位置が低いので、スタンスを広めにして重心を落とします。そして、手だけで振ればOK
「え?そんなんでいいの?」と思うかもしれませんが、そんなんでいいんです。

 

スタンスを広くすると下半身は回転しにくくなるので土台が安定し、手だけで振るので芯に当たりやすくなります。この打ち方を知っているとコースでとても楽になりますよ。