左足下がり ゴルフ 初心者 100切り

左足下がりの傾斜の打ち方

左足下がりの傾斜の打ち方

 

左足下がりの傾斜の打ち方

 

ゴルフコースで下り斜面の途中にボールが止まり、構えた時に左足の方が低い位置にある状態を左足下がりの傾斜と言います。

 

下がり傾斜は右に曲がるスライスボールが出やすいと言われていますが、スライスしない打ち方もご紹介したいと思います。参考動画も一緒にご覧になってみて下さい。

 

左足下がりの傾斜の打ち方(アプローチ編)

 

転がす打ち方

 

まず素振りを何回か行ってクラブヘッドの着地点を確認しましょう。平らな所よりも左足が低く右足が高い位置にあるので、着地点がいつもより右寄りになっているのがわかると思います。

 

ヘッドの着地点を確認したらボールの位置を着地点に合わせて、傾斜なり(傾斜と垂直になるよう)に構えます。

 

次に、構えた時の手首の角度を保ったまま背骨を軸に肩の回転でクラブを上げるイメージでバックスイングをします。

 

そして、クラブヘッドを最短距離でボールに当てるように左下に振り抜きます。

 

こうすることで、狙った方向に真っすぐ転がっていくようなアプローチショットになります。

 

止める打ち方

 

先程は転がしても大丈夫な場面でしたが、ピンの位置がグリーンエッジから近かったり、バンカーなどの障害物があったりなど、転がすことが出来ない状況では止める打ち方でアプローチしてみましょう。

 

打ち方は先程の打ち方とほとんど一緒ですが、違うところはクラブフェースを開いて握るという点です。

 

まずフェースを開いて握り、素振りで着地点を確認してから構えます。手首の角度を保ったまま肩の回転でバックスイングし、フェースを最短距離で当てるように左下に振ってボールをつかまえに行く。

 

これで先程よりもスピンが効いて、あまり転がらずに止まってくれます。

 

左足下がりの傾斜の打ち方(フルショット編)

 

真っ直ぐ狙う打ち方

 

左足下がりはスライスしやすいと思っている方が多いと思いますが、上達するとストレートまたはドローボールが打てるようになります。打ち方はアプローチと同じと認識して下さい。振り幅が違うだけです。

 

アプローチと同様にまず素振りで着地点を確認します。ですがフェアウェイのように芝が伸びていないところでは、素振りで芝を削ってしまってクラブフェースにこってり土がついてしまう何てこともよくありますよね。そういう場合は、ボールの位置を少し右寄りに置くと覚えておいてください。

 

そして左足下がりの斜面に沿って左足体重で構えます。手首の角度を保ったまま肩の回転でバックスイングし、ヘッドを最短距離でボールに当てに行くように左下に振り抜きます。

 

アプローチ編よりも振り幅が大きいだけでほとんど一緒ですね。これでスライスしやすい斜面でもストレートかドローが打てるようになります。

 

止める打ち方

 

普通に打てばスライスしやすいので、ドローボールよりは止まりやすいのですが、もっと止めなくてはいけない場面ではどうするか?

 

まずクラブ選択ですが、通常よりも飛距離が落ちる打ち方ですので、いつもより1〜2クラブ上のクラブを選択して下さい。

 

次にボールを落としたい場所にフェース面を向けます。そして左足下がりの傾斜に逆らって地球に垂直に立ち、グリップを左足のつけ根辺りに合わせて握って構えます。スタンスは狭めでいいです。自然にフェースを開いた状態でオープンスタンスに構えられますね。

 

手首の角度を保ちつつ、このオープンスタンスに沿ってスイングします。スライスしやすい傾斜でカット目にクラブを入れるためにより止まりやすいボールが打てますよ。