つま先上がり ゴルフ 初心者 100切り

つま先上がりの傾斜の打ち方

つま先上がりの傾斜の打ち方

 

つま先上がりの傾斜の打ち方

 

ゴルフコースで、構えた時に立っている場所よりボールの位置が高い傾斜地でのショットをつま先上がりのショットと言います。

 

基本的には左に曲がるフックボールが出やすい傾斜です。
この時にどうのようにして打てば良いか?そのポイントと注意点をまとめました。
動画も見つけたので、一緒にご覧ください。

 

つま先上がりの傾斜の打ち方(アプローチ編)

 

転がす打ち方

 

まず平らな場所よりもボールが高い位置にあるので、普段よりもクラブを短く持ちます
短く持たないと構えた時に上体が起き上がってしまいます。

 

そして短く持てば持つほどクラブのフェース面は左を向くという特性上、左にボールが行きやすいのでその分右を向いて構えます。

 

あとは「引っ掛けてしまえ!」と言いながら(言わなくても意識するだけで大分効果があります)そのまま普通に振るだけです。

 

ボールの打ち出し角度が低く、転がりやすいアプローチショットなので、転がりを考慮して落とし場所を決めてください。

 

止める打ち方

 

つま先上がりのアプローチでピンが手前に切ってあり、あまり転がせないような状況の時はこの止まる打ち方を実践して下さい。

 

先程の転がす打ち方にクラブフェースを開いて構えるというのをプラスするだけで、スピンが効いて止まってくれます。

 

クラブフェースを開いた状態で短く持って、「引っ掛けてしまえ」でピピっと止まってくれます。
少し右に向くというのはフェースを開くので忘れて下さい。但しものすごく急なつま先上がりの傾斜なら少し右を向いてください。

 

つま先上がりの傾斜の打ち方(フルショット編)

 

フックさせる自然な打ち方

 

アプローチの時と同じくつま先上がりはボールが足元より高い位置にあるのでクラブは短く持ちます。

 

スタンスは狭めでつま先はハの字に開かないようにしましょう。
つま先を開くと下半身が安定しません。

 

フックしやすいのでその分少し右を向いて構えて下さい。

 

スイング自体はアプローチ編と同じように「引っ掛けてしまえ」で打ちましょう。
体を止めるでもなく下半身リードでもなく背骨を軸に回転するだけです。

 

フックさせない打ち方

 

左にバンカーや池があるなど、フックして転がり過ぎちゃうと怖いなぁ・・・という時は、フックさせない打ち方で打ってみて下さい。

 

アプローチ編では開けば良かったのですが、フルショットなるとそうはいきません。
ではどうするか?

 

この打ち方は飛距離が出ない打ち方なので1〜2クラブ上のクラブを選択して下さい。

 

まず、なるべくボールに近づいて構えます。クラブフェースは少し右に向け、スタンスは狭めでややオープンに構えます。これで準備はOKです。

 

スイングは、構えた時の右手の甲の角度を変えずにスタンスの向きに沿って振ります。
体を止めずに下半身をどんどん動かして振ってください。

 

そうすることでフックしやすい傾斜でも、スイングがスライスを打つ打ち方なので、相殺して真っすぐ行き、それほど転がらずに止まってくれます。

 

フックさせる打ち方の方が簡単なのでそちらをマスターすれば100切りには十分でしょう。

 

おまけですが、傾斜がキツくラフも深いつま先上がりの傾斜はかなり難易度が上がります。

 

もしそうした状況になった場合は無理しないでグリーンに少しでも近づけばOKくらいの気持ちで臨みましょう。

 

 

トッププロでも「出すだけ」と言っているので、アマチュアゴルファーのみなさんは欲をかかないで打った方が良さそうです。