左足上がり ゴルフ 初心者 100切り

左足上がりの傾斜の打ち方

左足上がりの傾斜の打ち方

 

左足上がりの傾斜の打ち方

 

ゴルフコースでは、上り傾斜に止まったボールを打つ場面があります。この時に構えると、左足が平坦な所よりも高いところにあるので左足上がりの傾斜と言います。

 

では、左足上がりの傾斜ではどのようにして打てばいいでしょうか?
詳しく解説している動画があるのでご覧ください。

 

左足上がりの傾斜(アプローチ編)

 

転がす場合(ランニングアプローチ)

 

転がして寄せたい場合は、クラブのロフトを立てます。これは普通に構えるよりもボールを低く打ち出すためです。低く打ち出せば地面に早く落ちるので、そこから転がってピンに寄っていくイメージですね。

 

そして左足に体重をかけ、上体の回転で打ちます。決して手で打ちにいかないでください。あくまでも上半身(肩、腕、手、クラブ)が一体になって動くイメージで打ちましょう。

 

どれくらいの振り幅だと、どれくらいの地点に落ちて、どれくらい転がるか?というのは、
練習またはコースでの経験で身に付いてくるものですのですが、動画の中では8時から4時くらいのスイングで打っていましたね。

 

ゴルフで100切りできるアプローチ練習法

 

勘違いしないで欲しいのは、構えた時のグリップの位置が6時に対して8時から4時のスイングですが、クラブのシャフトはスイングの勢いがあって急に止まらないので地面と平行くらいまで上がってしまいます。これをバックスイングが9時まで上がっていると勘違いしないでください。

 

また、より転がす距離を長くしたい場合は、卓球のドライブをイメージして同じように打ってみて下さい。
ダフリやザックリが怖いという方にはこの打ち方で打った方が失敗しにくいと思います。

 

上げる場合(ピッチエンドラン)

 

ピンの位置が手前で、転がすとグリーンの奥まで行ってしまいそうな時や、手前にバンカーがある時など転がせない状況があると思います。
そういう場合は上げる打ち方で打ってください。

 

この場合、クラブは傾斜に対して垂直にセットします。そのクラブのグリップ位置を左足股関節辺りにくるように回り込んで構えます。要するにバンカーショットのように少しオープンスタンスに構えるという事ですね。

 

もちろんこの時のグリップは自然にクラブフェースが開いた状態で握ることになります。普通にクラブを握って手でクラブフェースを開いて構えないようにしてください。それではボールが左に飛んで行ってしまいます。

 

そして、打つ時は大きくゆったりとしたスイングで打ってみて下さい。障害物を超えるために上げなければいけない場面では、大きくゆったりしたスイングが実践で役立つはずです。

 

左足上がりの傾斜(フルショット編)

 

ロフトを立てて打つ方法

 

左足上がりの傾斜の場合左にフックしやすいので、この打ち方は多少転がっても大丈夫な場面で使います。
グリーンが広かったりピンの位置が左だったりする時に有効です。

 

まずロフトを立てて左足体重で構えます。バックスイングを上げてインパクトで終わりにするイメージでスイングして下さい。フォローは考えません。この時、スイング中に左足が邪魔で下半身が止まってしまいそうなら少しオープンスタンスで構えるのもアリです。

 

目標は狙ったところよりも右目を狙ってください。傾斜の角度にもよりますがフックしやすい傾斜ですのでそれを最初から計算して右を狙いましょう。

 

止まる打ち方

 

止まると言っても高い球になるので、先ほど紹介した打ち方よりも転がらないという事です。決してスピンを効かせて止める打ち方ではありません。

 

先程のアプローチ編と同様、クラブは傾斜に対して垂直にセットします。そのクラブのグリップ位置を左足股関節辺りにくるように回り込んで構えます。

 

自然に右足体重になるはずです。その右足体重のまましゃくり上げるようにして打ちます。高く上がる分飛距離が出ないので1クラブか2クラブ距離の出るクラブで打ってください。

 

高いフックボールが出やすいので少し右を狙い、大きめのクラブで打ちましょう。

 

こうした状況別の対処法をラウンド前に予習しておくだけでスコアに大きな差が出てくることは言うまでもありませんね。