ゴルフ 練習 イライラ 解消

ゴルフの練習でイライラを解消する方法

ゴルフの練習でイライラを解消する方法

 

ゴルフの練習でイライラを解消する方法

 

ゴルフ練習場でなかなか芯に当たらずイライラすることは誰でも経験することだと思いますが、
これを簡単に解消する方法があります。

 

 

 

「上手く打てずにイライラするんだから、たくさん練習して上達すればいいだろう」と
いうのは時間がかかり過ぎますよね。
もっと簡単にできる方法があるんです。

 

 

 

それは、小さいスイングで芯に当たる感覚を身につけることです。

 

まず面白いレッスン動画を見つけたのでこちらをご覧ください。

 

 

クラブのシャフトが地面と平行くらい(時計の文字盤をイメージすると9時くらい)から、
インパクトで終わり。フォローは考えなくて良い。

 

 

 

最初これを見た時、他のレッスンプロなどが「腰から腰までの小さなスイング幅で練習しましょう」
と言っているのは聞いたことあるけど、「インパクトで終わり」は初めてで衝撃的でした。

 

 

 

でもやってみると納得!「背中、足」でスイングすると、
インパクトで終わるはずが、勢いでフォローが勝手に出ていることに気付きます。

 

 

 

本当にインパクトで終わりにするなら、スイングの勢いを止める力というか
スイングにブレーキをわざわざかけないとインパクトの位置で止まりません。

 

 

 

逆にフォローを出そうとすると、勝手に出るものにもっと力を加えてしまい、
フォローが大きくなってしまいます。

 

 

 

練習場ではまず最初に、このスイングを練習してみて下さい。
「背中、足」でインパクトで終わり!
余計な動きが無い分、芯でボールを捉えやすくなります。

 

 

 

このスイングで当たるようになったらフルスイングと同じ振り幅でも
芯に当たるようになりたいですよね?

 

 

 

今のままだとアプローチまでしか使えないスイングです。
これをフルスイングで芯に当たるようにするにはどうしたら良いか?

 

 

 

先程の動画の続きを見つけたので、参考にして練習してみて下さい。

 

 

今までにやってはいけないと言われてきた事をあえてやっています。
実はとても重要で、スライスを直すことも簡単にできてしまうスイングです。

 

 

 

見た目格好が悪いですが、練習場で手打ちして低いフックボールを打ってみて下さい。
この打ち方は「つま先下がりの傾斜地」でも同じ打ち方で対応できます。

 

 

 

つま先下がりではスライスボールが出やすくなりますが、
スタンスを広めに構えて手打ちすると、真っすぐかドローボールが出ます。

 

 

 

この打ち方で低いフックボールが打てるようになったら、
1つ目の動画でレッスンしていた「背中・足」のスイングを思い出して下さい。

 

 

 

手打ちしてから足の裏を後方に見せるようにすれば簡単にできます。
下半身を回して・・・などと難しく考える必要はありません。

 

 

 

「手打ち・足の裏」
これだけ頭に入れて練習してみて下さい。

 

 

 

「手打ち」はフックの要素、「足の裏」は下半身を回すのでスライスの要素ですから、
二つをタイミングよくやれば真っすぐ打てるようになります。

 

 

 

もちろん手打ちが早ければドロー系のボールがでるし、下半身が早ければフェード系のボールになります。

 

 

 

あれこれ考えるよりも、下半身を安定させて手打ちをして芯でボールを打つ感触を味わってください。
驚くほどイライラが解消され、楽しい練習時間になるでしょう。