ゴルフ プッシュアウト 直す

ゴルフのプッシュアウトに悩まされたらどこから直すべき?

ゴルフのプッシュアウトに悩まされたらどこから直すべき?

 

ゴルフのプッシュアウトを直す

 

ゴルフをプレーしていてやりがちなミスショットの1つであるプッシュアウト、初心者であれば悩まれる方も多いことでしょう。よく混同しがちなスライスとの違いをはじめ、それを直す方法も合わせて確認しましょう。

 

 

 

スライスとプッシュアウト、両方ともボールを打った際に利き手側の方向へ飛ぶミスショットをいいます。スライスの場合は曲線を描いて飛ぶのに対し、プッシュアウトであれば曲がることなく、常に直進して飛んでいきます。

 

 

 

ただスライスのようにボールに力が伝わりにくいことから、飛距離が出せない低めの弾道となってしまうのです。振り下ろす際にクラブが手元に倒れ過ぎている、言い換えればクラブが寝た状態である程なりがちです。

 

 

 

心当たりのある方は一度クラブを持ち、左手の持ち方を確認して下さい。実は左手の甲の向きが、クラブをトップに持ってきた際の打つ方向を決めてしまうのです。

 

 

 

左手の甲が空を向いてしまうと振り下ろす際にフェースが返らず、右方向へ向いたままになります。また左手の甲だけでなく、左肘の向きも確認して下さい。

 

 

 

左肘が地面を向いていないことも、ボールのコントロールの乱れに繋がります。心当たりも含め、プッシュアウトを直す方法を頭に入れていきましょう。

 

プッシュアウトを直す方法

 

まず極力腕が体の内側に来る形で構えましょう。そしてボールは最初に左足の踵線上に置き、使うクラブの長さに応じて右足寄りに移動させましょう。

 

 

 

またプッシュアウトに至りやすいティアップも直す材料として取り入れて下さい。特にボールの2分の1以上がヘッドから出た状態の場合、打つ際にヘッドが前に出てヒール寄りに当たりやすくなります。

 

 

 

これを防ぐべく、ヘッドを地面に置いて構えるか地面から浮かせ、ボールの真後ろに来る高さで構えましょう。するとプッシュアウトが改善する可能性が高まります。

 

ゴルフのプッシュアウトに悩まされたらどこから直すべき?

 

更に振る際は、上述の左手の甲がトップで地面と平行になる方向へ向け、その上左肘を必ず地面に向けましょう。フェースをスムーズに下ろせる他、コントロールの効果を高められます。

 

 

 

矯正に向けやらなければならないことは多いですが、何から手をつけるべきか迷ったらまずはアドレスを確認しましょう。アドレスをきちんと確認することで、細かな部分の矯正を円滑に行いやすくなるからです。

 

 

 

もし上記の方法で矯正が難しい場合は、ドライバーそのものを見直すのも手です。ドライバーを買い替えるだけでプッシュアウトが直ることもあるので、自分に合った1本を選びましょう。