ゴルフ シャンク 直す

ゴルフでつい繰り返してしまうシャンクを直す方法とは

ゴルフでつい繰り返してしまうシャンクを直す方法とは

 

ゴルフのシャンクを直す

 

ゴルフでやりがちなシャンク、スライスやプッシュアウトと並ぶミスの代表例となっています。シャンクがボールのどういった動きを指し、どのようにすれば直すことができるのでしょうか。

 

 

 

シャンクはホーゼルと呼ばれるヘッドとシャフトが繋がった部分にボールが当たることで、当たったボールが右方向へ飛ぶことです。

 

 

 

シャンク病という言葉がある程、ベテランのゴルファーでも一度発生すれば克服が困難で、ゴルファー万人の悩みの種でもあります。またクラブの構造上、アイアンでの発生が最多となります。

 

 

 

ところで皆さんは、ボールを打つ際の構えとボールの位置関係を意識したことはありますか。シャンクが出やすい方の多くは、立って構える位置とボールの置き位置が離れる傾向にあります。

 

 

 

ボールと体の間を空けすぎると体が前に倒れやすく、ボールがシャフト部分に当たりやすくなるのです。また両腕と体幹が十分密着できないと踵に重心を置くこととなり、前傾姿勢を保てません。

 

 

 

これによりスイングで体が前のめりになって、クラブが極度に前へ出てしまうのです。ベテランでも陥りがちなシャンク、ミスを防ぐには何に注意すれば良いのでしょうか。

 

シャンクを防ぐ

 

シャンクを防ぐにはまず立ち位置とボールの間隔を近付け、構える際は必ず両腕と体幹を密着させましょう。両腕が下半身に近づくことで胸に当たり、ここで前傾姿勢をとると安定してクラブを振れるようになります。

 

 

 

初めから前傾姿勢を意識し過ぎず、クラブを持って腕を下ろしながら適当な位置まで調整していきましょう。またシャンクを防ぐには、重心を置く足も重要となります。

 

 

 

基本的にウッドでのスイングは右足に、アイアンでのスイングは左足にそれぞれ重みをおきます。アイアンで右足に重みをおくなど、正規の重みの置き方と逆になればミスを誘発しやすくなります。

 

ゴルフでつい繰り返してしまうシャンクを直す方法とは

 

両腕を体幹と密着させるだけでなく、左足に重みをかけることで少しずつ改善を図りましょう。そしてプレーにおいては、一度シャンクを起こしても再発を恐れない強い心を持って下さい。

 

 

 

多くの方は一度恐れを起こすと、自然とクラブが前に出るような姿勢をとってしまうのです。ここで気を取り直すか否かでその後のスコアが変わるので、常に注意を図りたいものです。

 

 

 

つい繰り返しがちになるシャンク、スライスやプッシュアウトと同じく姿勢を改善するだけでも直る可能性が十分高くなります。プレー中1度は仕方ないと割り切り、2度以上起こすことのないよう、常に心身共注意して行いましょう。