ゴルフ ダフリ トップ 直す

ゴルフの初心者に多いダフリやトップを直す方法とは

ゴルフの初心者に多いダフリやトップを直す方法とは

 

ゴルフのダフリやトップを直す

 

ゴルフをする上でよく起こしやすい2つのミスが、ダフリとトップです。経験豊富なベテランでも起こしやすいこのミス、初心者であれば尚更それに悩みやすいところでしょう。

 

 

 

一体ダフリやトップはどのようなミスで、何に注意すれば直すことができるのでしょうか。まずゴルフ初心者の多くはダフリ、トップという2つの言葉を初めて見聞きすると考えられるので、これらの言葉の意味から確認しましょう。

 

 

 

ダフリとは、クラブを振る際にそれでボールの手前の地面を打ってしまうミスです。叩くという意を持つ英単語のduffに由来し、振り下ろす際にクラブにかけた全てのエネルギーが地面に吸収される為、ボールが飛ばなくなります。

 

 

 

そしてトップとは、ボールの上部をクラブで打ってしまうミスです。クラブを振り、ヘッドがボールの下半分に当たれば高く浮くものの、逆に上半分に当たると低いライナー性になるか地面を転がるゴロになりかねません。

 

 

 

ダフリの多い方はクラブを振り下ろす際に右足に重心がかかり過ぎていたり、もしくはボールを上げる際の体の軸が右足寄りになっていないか確認して下さい。

 

 

 

またトップの多い方はダフリと同様右足に重心がかかり過ぎていたり、スイング中に前傾姿勢が保てず起き上がっていないか確認して下さい。

 

 

 

もしミスショットが頻発し、尚且つこれらに心当たりがあれば、早急に矯正しましょう。心当たりがあるかどうか確認した上で、ダフリとトップを矯正する方法をチェックしていきます。

 

クラブを持って構える際の目線

 

まずダフリが原因のミスが多い方は、クラブを持って構える際の目線を改めましょう。初心者は置いてあるボールに目が行きがちですが、それにばかり気を取られてしまうと体の軸が右にずれ、ボールの手前にヘッドが落ちやすくなります。

 

 

 

そのためまずは、ボールの左側に別の仮想のボールがあると考え、それを打つイメージでスイングしましょう。

 

 

 

そしてトップが原因のミスが多い方は、ボールの飛ぶ方向を気にし過ぎないようにしましょう。あまりに方向を気にし過ぎれば反射的に頭を起こしてしまい、どうしても適当な位置にボールを当てられなくなります。

 

ゴルフの初心者に多いダフリやトップを直す方法とは

 

気になる気持ちは分かりますが、少し我慢するだけでもスイングの際に前傾姿勢を保ち、納得のいく方向へボールを飛ばしやすくなります。

 

 

 

また本番で失敗し、悔しい思いをしない為にもティアップ打ちと左足立ち練習を繰り返しましょう。

 

 

 

特に左足立ち練習は右足に体重を移動させようと思っても移動できない状況を作る為、正しい姿勢の癖を身に付ける効果が期待できます。

 

 

 

せっかくお気に入りのクラブを見つけても、ダフリやトップをはじめとしたミスショットを繰り返すのは勿体ないですよね。きちんと矯正に適した練習を繰り返し、本番に向けて自信をつけていきましょう。