ゴルフ スイング 軌道

ゴルフのスイング軌道の正しい方法と直し方について

ゴルフのスイング軌道の正しい方法と直し方について

 

ゴルフのスイング軌道

 

クラブを振ってボールを打つ際に目標とする方向へ飛ばせなければ、ミスショットとして扱われてしまいます。多くのゴルファーが悩みに陥りやすいスライスや引っ掛け、これらをなくすべく正しい方法と直し方を確認しましょう。

 

 

 

アウトサイドインは、ダウンスイングで青いゾーンというアウトサイドからクラブを降ろし、緑のゾーンであるインサイドへヘッドを振ることで起きるスイング軌道です。

 

 

 

この振り方で、打ち出しから左方向へ飛ぶ引っ掛けやボールが右方向へ曲がるスライスを引き起こします。アウトサイドインになりやすい方はまず、アドレスを改善する必要があります。

 

 

 

次のような心当たりがないか確認して下さい。まず重心を、左足寄りにきちんとかけていますか。次にグリップはウィークグリップと呼ばれる、力をあまりかけない方法で握れていますか。

 

 

 

そして膝、腰、肩、右足全てが左よりも前に出るオープンスタンスの構えができていますか。更に右肘を突っ張れていますか。右側の膝、肘、腰、肩、足全てが、体の後方から見て全てが左側よりも前にくることで正しい姿勢を作れます。

 

 

 

アドレスの矯正は初心者の場合、自分1人だけではなく必ず第三者に確認してもらいながら行いましょう。ポイントを意識して正しい姿勢を作れたら、実際に正しい方法でスイングしていきます。

 

ゴルフスイングのポイント

 

ボールを遠くへ飛ばす鍵の1つとなるバックスイング、ここでの肩の回転が十分行えないと打ったボールがアウトサイドイン軌道で飛んでしまいます。

 

 

 

しっかりと肩が90度回転でき、ヘッドの軌道が大きくアウトに上がったりインサイドに引いていないか確認しましょう。またバックスイングと共に切り返しもきちんと正しく行えなければ、アウトサイドイン軌道でボールが飛ぶ原因となります。

 

 

 

まず腰を体の左側へ平行移動させ、左に回転し始めます。そして肩を左に回転させることで、ボールがオンプレーンなスイング軌道で飛びます。

 

ゴルフのスイング軌道の正しい方法と直し方について

 

もし肩を回転させるタイミングが早かったり、腰と方が同時に左へ回転し始めるといった心当たりがある方は、上記を意識した上で早急に矯正しましょう。

 

 

 

矯正の練習として最も効果的と考えられるのが、インサイドアウトの軌道での練習法です。正しいアドレスで左足が前、右足が後ろのクローズスタンスの状態を維持し、体全体を右に向けます。

 

 

 

そしてスタンスと平行にクラブを振れば、目標方向に対してインサイドアウトとなる軌道でボールが飛びます。実際にゴルフを始めたての初心者である程、打ったボールがアウトサイドインの軌道で飛ぶ傾向にあります。

 

 

 

ポイントを意識するのは勿論、ビデオやネット動画などを活用しながら正しいプレースタイルを身に付けましょう。