ゴルフ 上達 どうしたらいい

これ以上のゴルフ上達は無理かも?という時にどうしたらいい?

これ以上のゴルフ上達は無理かも?という時にどうしたらいい?

 

ゴルフの上達どうしたらいい?

 

練習は人並み以上にしているもののなかなか上達しない、長く経験している方で半ば諦めの気持ちが一度でも脳裏を過ったことはありますか。

 

 

 

無理だからゴルフから足を洗おうとしている方、本当にこれが最良の方法ですか。上達するにはどうしたらいいのか悩んだら、次のことがきちんと行えているかどうかを再度確認していきましょう。

 

 

 

まず、打つ際には何を意識していますか。ショットの回数を減らす、遠くにボールを飛ばすなど、意識する点は人それぞれでしょう。

 

 

 

ただあらゆる技をあれやこれやと多用し過ぎれば、かえってスコアアップのチャンスを逃してしまうものです。ゴルフは決してボールを遠くに飛ばしたり、ショットの回数を減らしたりすることが全てではありません。

 

 

 

勿論その心掛けも必要ですが、もし躓きを感じたらまずは構えの基本に立ち返りましょう。グリップを正しく握れているか、そしてボールの置き位置と足の置き方は適切か、再度確認して下さい。

 

 

 

正しくできていることを確認できたら、次は素振りの練習をしましょう。クラブを振ってみて芝や練習用のボール置きにヘッドが接触しなければ、正しく使いこなせている証拠です。

 

コースマネジメントの力

 

技術面の振り返りも忘れず行いたいですが、実際のプレーでは高いコースマネジメントの力が要求されます。プレーするコースに対して、自分なりに攻めの戦略を立てていくコースマネジメントは、スコアを決定付ける重要な存在です。

 

 

 

コースマネジメント、当日の風向きや風力などボールの動きを左右する要素ばかりを捉えがちになりませんか。勿論この情報の把握も大切ですが、無理せずプレーに臨む為の術も同時に考える癖を身に付けましょう。

 

 

 

無理をして力んだり、本番で練習したことのない技に挑戦したりすれば、ミスショットとなる恐れも高まります。ベテランでもまぐれでのスコアアップは起きにくいと考えられる為、自分の能力に合ったスコアを狙いましょう。

 

これ以上のゴルフ上達は無理かも?という時にどうしたらいい?

 

また、本番で練習したことのない技に手を出しがちになる方は技の習得を練習場で行い、本番は習得成果を出すだけの場とするなど、線引きを行うことから始めませんか。

 

 

 

上達できずに思い悩むと、色々な原因を考えがちとなりますよね。基本の基の字からの見直しを行うのに抵抗を感じても、思い切ってここから考え直すだけでも良い方向への変化が期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

足を洗ってから後悔しない為にも壁にぶち当たった際に一度基本に立ち返り、改善できる点を改善した上で自分に合ったプレースタイルを考えましょう。