フェアウェイウッド 打ち方

フェアウェイウッドの正しい打ち方を覚えて苦手を克服!

フェアウェイウッドの正しい打ち方を覚えて苦手を克服!

 

フェアウェイウッドの打ち方

 

距離を意識した2打目以降のショットで使われるフェアウェイウッド、目的に応じた距離を出すには正しく使いたいものです。フェアウェイウッドで正しく打つには何を意識すればよいのでしょうか。

 

 

 

フェアウェイウッドはその名の通り、フェアウェイと呼ばれる短く刈り込まれた芝からボールを打つ為に使うクラブです。プレーでボールを最も打ちやすい場所で、ボールが落ちた際によく弾んで転がるのも特徴です。

 

 

 

フェアウェイウッド、シャフトが長めで重心が深いので振るとボールが上がりやすく、その上気持ちよく振ることで飛距離を伸ばしやすくなります。

 

 

 

またヘッドが前後に広いので、スイング時に発生する慣性モーメントを高めてボールを飛ばしやすくするのです。更に打つ際にうっかり地面を叩いてしまってもボールが芝の上を滑る為、万一ミスヒットをしても心配は要りません。

 

フェアウェイウッドの正しい打ち方を覚えて苦手を克服!

 

ただ本来であれば、フェアウェイウッドはドライバーと打ち方が異なるものの、多くのゴルファーがドライバーと同じアドレスで構えがちになります。

 

 

 

とにかく飛距離を出そうと意識し過ぎる人にこのような傾向が見られますが、これが原因でスコアを上げられない方はまず姿勢から矯正しなければなりません。

 

 

 

アドレスの矯正はとても地味な作業で嫌と感じやすくなりがちですが、矯正するだけでスイングの劇的な改善が期待できるので、ポイントを確認しましょう。

 

ボールを置く位置

 

まずアドレスを矯正する上で欠かせないのが、ボールを置く位置です。ボールを置く位置が両足の中央となるのは9番アイアンの場合で、クラブの長さが長くなる程下半身を安定させる為左足寄りに置く必要があります。

 

 

 

そのアイアンの長さの平均が38インチ程度であるのに対し、フェアウェイウッドは43インチと長いのでボールを中心から左寄りの位置に置きましょう。左足の踵線あたりが理想です。

 

 

 

スイングは半円を描く強さではなく、箒で掃く感覚でボールを低くて長く地面の上を滑らせる形で行いましょう。またグリップを持つ位置は、ズボンのジッパー付近が望ましいです。

 

 

 

両手が左足太腿の内側に来るよう構えれば、失敗を防げるかもしれません。また打つ際はソールと呼ばれるクラブの底の部分に、ボールを当てるようにします。決してボールを高く上げようとせず、真横から打ち払うような形を試してみると良いでしょう。

 

 

 

フェアウェイウッドは打つ際に地面を叩いてしまうダフリや、最初のショットでミス打球が出るチョロを誘発しやすいクラブです。なかなか打てずに悩んでいる方は打ち方に問題がある可能性が高い為、まずはその矯正から始めましょう。