ゴルフ ドライバー コツ

ゴルフのドライバーが安定しない人が知っておきたいコツ

ゴルフのドライバーが安定しない人が知っておきたいコツ

 

ゴルフのドライバーコツ

 

ゴルフで自分が納得できるような良いスコアを出すには、ドライバーを安定させることが必要不可欠となります。果たしてドライバーを安定させる為のコツはあるのでしょうか。

 

 

 

まずドライバーが安定しない理由として、どのようなことが考えられるでしょうか。多くの方であれば、恐らくスイングであると答えることでしょう。

 

 

 

確かにスイングで気持ちよく振りぬけることができず、フックやスライスばかり恐れていれば安定しませんよね。ところがスイングより先に、まずいち早く直すべきことがあります。

 

ゴルフのドライバーが安定しない人が知っておきたいコツ

 

それはアドレスです。動きが速くてチェックが難しいスイングに対し、アドレスは動いていない為チェックがしやすく、矯正が行いやすいのです。大切なポイントを再度確認し、スイングを安定させていきましょう。

 

 

 

まず、グリップを正しく握れていますか。フェースを上とした場合、右手が上、そして左手が下にそれぞれくるのが正しい持ち方です。また両手とも小指から中指まで力をかけ、親指と人差し指にはできる限り力をかけないで下さい。

 

 

 

更にドライバーを安定させるには右手の親指と人差し指を閉じ、この2本の指が右肩を指すような姿勢をとりましょう。つい力が入りがちな腕に過度な力をかけることもなく、無駄なく振り切れるのではないでしょうか。

 

アドレスの矯正

 

そしてグリップを上述の方法で握れたら、次はアドレスの矯正に移ります。まず背筋を伸ばし、顎を少し上げます。顎が上がることで肩の回転を促すので、ボールを見下すような姿勢をとりましょう。

 

 

 

次に、膝を軽く曲げます。膝は体の中でも力を溜めやすく、スイング中に踏ん張りを効かせやすくする為です。そして、お尻を少々上へ突き出します。お尻を上げることで、スイング軸を作りやすくする為です。

 

 

 

これらを整えた上で深呼吸をし、一度上半身の力を抜きましょう。またアドレスだけでなく、バックスイング時にも始動によりスイングが不安定とならないようにしましょう。

 

 

 

体が余計に動くと軸がぶれやすくなるので、体を左右に動かし過ぎないようにします。そして常に右膝がボールの正面を向いた状態を保ち、右足の内側に重心をかけましょう。

 

 

 

グリップとアドレスは、ドライバーを安定させる為の要ともいえる存在です。十分に習得できないと初期の重心移動が行えず、スイングに余計な細工ばかりが入ってしまいます。気持ちよく振りぬくよう、振る前の下準備を完璧に行いましょう。